物欲との向き合い方

こんにちはKIKOです( ´ω` )

わたしは少数精鋭のお気に入りの物で、小さく暮らすミニマリストを目指しています。

ただ、物欲は強い方で、ミニマリストという生き方を知るまでは毎月散財する赤字の生活でした( ゚д゚)

無くても生活できるのに車も所有しています。理由は、買いたかったから(笑)

今回の記事では、散財した過去から学んだ、わたしなりの物欲との向き合い方を買いていきます。

もっといいものがほしいな〜

物を買ったとき、満足はしているけれど、もっといいものがほしいと思ったことはありませんか。

わたしの場合は車やブランドバッグを買ったときに、街中やSNSで目につくようになり、目移りすることがありました。

車やブランドバッグは気軽に買えないので、持っている物を大切に使ってきました。すると、思い出や歴史ができて愛着がわき、目移りしなくなりました。

強い不満がない限り、一つの物を何年も使うほうが物欲は落ち着いていきます。

あれもこれもほしいな〜

これは今でもあります(笑)

わたしは家電に対してなのですが、進化がすごいので、物欲がそそられるんですよね(´;ω;`)ホームベーカリーとか自動調理鍋とか、ものすごく憧れています(笑)

ただ、わたしの生活習慣を考えるとあまり使わなそうなので、買わないことにしています。

あれもこれもほしくなったときは、本当に使うのかを冷静に考えてみると、衝動的に買わずに済みますよ。

安いから買おうかな〜

理由が「安いから」は失敗することが多い気がします( ゚д゚)結局気に入らなかったり、粗悪品だったりします。

長く使うものの場合は、安い物を妥協して買うより、高くても満足できる物を思い切って買ったほうがいいと思います。

また、いくら安くても使わなければ損をしたことになります。本当に必要か、使うかを考えてみましょう。

みんな持っているしな〜

例えば、スマホなんかは本当にみんな持っていて活用しているので、持たないと不便だったり支障が出たりします。

スマホのような、生活を変えてしまうほどの物の場合は、みんなと同じように持ってもいいと思います。

それ以外は、見栄や嫉妬がないかを考えて、自分にとって必要なければ持たなくていいですよね。

過剰に自慢してきたり、持っていないことをバカにしたりしてくる人からは、そっと離れましょう( ゚д゚)

まとめ

以上、わたしなりの物欲との向き合い方をご紹介しました。

昔からこのように考えられていたら、どれだけ貯金があっただろうと悔やみます(´;ω;`)

散財していた頃も楽しかったけれど、何も考えていませんでしたね(泣)

最後までお読みいただき、ありがとうございました( ´ω` )