電気のない暮らしを考えてみた

YouTubeで『省エネ生活研究家』アズマカナコさんの暮らし(2013年6月「news every.」)を見ました。4人家族で電気代は月500円。わたしには、不便を楽しむ豊かな暮らしに映りました。

今回の記事では、電気のない暮らしを考え、生活を見直してみたいと思います。

①冷蔵庫のない暮らし

  • 食材はその日のうちに使い切る
  • 干物などにして保存する
  • 使い切れる分しか買わない

【見直しポイント】食材を買いすぎていないか。溜め込んで無駄にしていないか。

②電子レンジのない暮らし

  • 冷蔵や冷凍保存をしない
  • 火を使って加熱調理する
  • 野菜や果物など生で食べる

【見直しポイント】食を疎かにしていないか。栄養は摂れているか。忙しすぎる生活を改善できないか。

③掃除機のない暮らし

  • 箒やちり取り、雑巾を使う
  • フロアワイパーやモップを使う
  • ホコリの出やすい布製品を減らす

【見直しポイント】掃除しやすい部屋になっているか。物を持ちすぎていないか。

④洗濯機のない暮らし

  • 手洗いする
  • 手洗いできない衣類を持たない
  • ブラッシングなどのケアをする

【見直しポイント】臭いや虫がつかないように保管しているか。インナーで汗や皮脂対策ができないか。

⑤エアコンのない暮らし

  • 家の断熱対策をする
  • 気温に合わせた服装をする
  • 公共施設で過ごす

【見直しポイント】命に関わるので無理はしない。

⑥スマホのない暮らし

  • 固定電話や公衆電話を使う
  • 手紙を書く
  • 待ち合わせの時間や場所を守る
  • 新聞や本を読む
  • 人と会って話す

【見直しポイント】スマホに依存しすぎない。スマホを使わない時間を作る。

まとめ

電気のある便利で快適な生活が当たり前になっているものの、見直せることはたくさんあるのだと分かりました。

電気がない生活を考えることは、災害対策や節約にも繋がるので、よかったらみなさんも考えてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました( ´ω` )