クレカ1枚でキャッシュレス生活

こんにちはKIKOです( ´ω` )

皆さんは、お財布を持ち歩いていますか?

わたしは、数年前からお財布を持ち歩くのをやめました。

今回の記事では、わたしが実践しているキャッシュレス生活について紹介します。

海外旅行での経験

数年前に海外旅行した際、ガイドブックに「クレジットカードでほぼ全ての支払いができる」と書かれていたので、両替はしませんでした。

実際、現金の出番はなく、クレカのみで過ごすことができ、びっくりしました!

キャッシュレス生活スタート!

お財布を持ち歩かないのがとても楽で、帰国してからも続けてみることにしました。

はじめは、スマホケースに入れたクレカが心配で、何度もチェックしていました(笑)

当時はポイントカードをスマホに連動させることができなかったので、Tポイントを貯められなくなったのは、ちょっと残念でした(´;ω;`)

キャッシュレス生活のメリット

  • お財布の分の重さ、容量を減らすことができる

お財布の分だけでも、身軽になれるし荷物がすっきりします。

  • レシートがなくても支出を把握しやすくなる

クレカの履歴や明細で支出管理ができるので、レシートが要らなくなります。

ただ、色付きの利用明細には名前の記載があるので、捨てる際には注意しましょう。

  • 支払うときの手間や、かかる時間を減らすことができる

キャッシュレスに慣れてしまうと、小銭を数えたり管理したりするのがめんどくさくなりました。

店員さんや後ろの人を待たせてしまうプレッシャーもなくなります。

  • ポイントをあれこれ貯めずに一本化できる

お財布時代は、お店によってクレカを使い分けたり、勧められるがままにポイントカードを作ったりしていました。

今はクレカ1枚、楽天ポイントのみ貯めています。

還元率は下がってもポイント自体はつくし、ポイントが分散しないので、かえってポイントを貯めやすく使いやすくなりました。

困ったこと3選

  • コインパーキングの支払いが現金のみだった!

クレジット支払いできる駐車場が満車で、すぐ隣にあった駐車場に停めました。

まさかの現金払いのみで、詰みました(´;ω;`)

  • 現金払いのみのお店もある

お気に入りのパン屋さんが現金払いのみでした。

せっかく行ったのに、買えずに帰りました(´;ω;`)

  • 割り勘のときに気まずい

現金を持っていないと、割り勘で支払うときに「クレカでまとめて払っていい?」となります。

理解のある友人ならいいのですが、先輩とか、親しくない関係だと気まずかったです(´;ω;`)

ポイントが付く分、端数は負担するとか、考え出すとめんどくさいですよね…。

まとめ

このように、キャッシュレス生活にはメリットが多く、おすすめです。

念のため、いつもスマホのポケットにお札を入れておくと、安心です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました( ´ω` )